MENU

首イボにイボコロリは使はないように

イボを治すために有名な薬と言えばイボコロリです。
ほとんどの薬局やドラッグストアで販売しており、安価で手に入れることができます。

 

では、首イボにも使用することができるのでしょうか!?

 

答えはNOです。
イボコロリの注意事項を読んで頂ければ分かるのですが、首や顔に使用してはいけないと書かれています。

 

イボコロリは基本的には足や手などのからだのパーツにあらわれるウイルス性のイボに用いられるものです。しかし、首イボの多くは有性で老人性イボなどの古くなった角質が固まっていできたものとなります。

 

そのため、使用用途が全く違うだけではなく、イボコロリを使用すると取り返しの使ないことにもなりかねないです。知恵袋などの質問掲示版などで安易にイボコロリを使いましょうなどと全く知識もなく紹介している人がいますが、きちんと調べた方がいいです。

 

どういった効果・効能のある薬なのかをきちんと知れば使用するべきではないのはすぐに分かります。

 

イボコロリ液体タイプの効果

 

イボコロリは魚の目、タコ、イボに効果のある薬となります。

 

どんな効能なのかはいたってシンプルです。液をつけた部分の皮膚細胞を死滅させてしまうことです。

 

そのため、皮膚の細胞が死滅してしまうため、イボの根元である患部まで取り除いてしまうのですね。とても強い薬剤が使われているのです。使用方法が1滴なのからも想像できる通り、肌に与える影響が大きい薬剤です。

 

絶対に首や顔などにしようしてはいけないのですね。

 

イボコロリを利用したことがある人であれば分かるのですが、薬剤を付けた箇所が白色になります。皮膚の新しい細胞がうまれてくれば元の色に戻るのですが、見た目的にも決して良くはありません。

 

イボコロリの箱の裏の注意事項を見ていただければ分かるとおり、顔や首への使用は厳禁となっているだけでなく、首イボの原因である老人性イボの症状にも使用が厳禁となっています。

 

くれぐれもイボコロリを首につけるのはやめましょう。魚の目コロリも同様に使用をしてはいけません。

 

どんな薬を首イボに使えばいい?

 

首イボに効く薬として人気なのがヨクイニン錠と呼ばれる錠剤となります。

 

毎日、錠剤を服用することによって、からだの中から改善する効果があるとされています。しかし、からだの中から改善するわけなので、首イボが取れるようになるまでには非常に時間がかかるとされています。

 

そのため、利用してみるものの効果があらわれなかったと利用を途中でやめてしまう人も多いです。そのため、使用するのにあまり現実的ではありません。

 

首イボを治すのであれば基本的に2種類となります。

 

病院でハサミで切り取ってしまったり、液体窒素をつけることによって除去する方法
首イボ専用に開発がされているクリーム

 

病院であれば傷みを伴うことが多く、首イボの数が多ければ通院しなければいけないケースもあり少し面倒だと感じる人が多いです。

 

最近の人は専用に開発されたクリームをつけるなどして除去する人が増えています。痛みを伴うことはなく、首イボができた原因の予防対策としての保湿効果などもあるので人気となっています。

 

ただ、基本的に薬局やドラッグストアでの販売は行っていないケースが多いです。そのため、通販を利用して購入することとなります。

 

最近ではパソコン初心者の人でも簡単に通販で購入ができるようになっているので首イボを除去したいのであれば、痛みのない専用のクリームを使うのがおすすめです。